さなぶりの祭り

6月13日土曜日、原の辻ガイダンスにて、古代米づくり体験 さなぶりの祭りが行われました。

「さなぶり」の「さ」は、田の神様のこと、「なぶり」は「昇り」が変化したもので、「田の神様が天に昇る」という意味です。
天から地上におりて、種まきから稲づくりを司ってきた田の神様は、田植えが終わるとひとまず天に帰られます。
この天に昇る神様に感謝し、豊作を祈願するお祭りがさなぶりの祭りです。

神事と壱岐神楽「豊年の舞」の奉納は例年通りでしたが、天候が良くなかったので、合鴨の放鳥は行わず、玄関でのお披露目だけにとどまりました。
また、密を避けるため恒例の餅まきは行わず、お帰りの際に餅とヘルスメイトさんによる田植えだこをお渡しする形となりました。

参加者を代表して玉串を奉納する皆様には古代衣装を着ていただきました
CIMG5986

会場の灯りを消して、神事が始まります
CIMG6013

壱岐神楽 豊年の舞
CIMG6014
CIMG6019 

まだ小さな合鴨たち 田んぼで働いて大きくなります
CIMG5988
CIMG6027

足元の悪い中、多くの方においでいただき、今回のイベントも無事に終えることができました。
ご参加くださった皆様、ボランティアスタッフの皆様、ありがとうございました。
今後も稲や鴨たちの様子を見に、原の辻ガイダンスにお立ち寄りください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です